2017年9月30日土曜日

≪3205≫㈱ダイドーリミテッドの株主優待情報まとめ

株式会社ダイドーリミテッド(証券コード:3205)

3月のおすすめは株式会社ダイドーリミテッドです。

できるだけ損しない為に私なりの基準で選んでいます。
当ブログのおすすめ銘柄選定基準はこちら

銘柄選びのご参考になれば嬉しいですが、
最終的には自己責任でご判断下さい。


≪いくら必要?≫
投資額:
 43,600円(9月29日時点株価にて計算)
優待額:
 4,500円(自社製品)
年間配当金:
 1,000円
優待+配当利回り:
 12.61%


≪どんな優待?≫
優待権利月:
 3月

優待内容:
3月
 自社商品
    100株 4,500円相当


一番利回りの良くなる100株を購入した場合の優待のみ書いています。
1,000株以上で優待内容が変わります。
詳細はコチラ(yahoo!ファイナンス)


尚、内容は自社ブランドニューヨーカーの商品です。

2017年3月:今治タオルセット(タオル+ハンドタオル)
2016年3月:トートバック
2015年3月:ひざかけ

㈱ダイドーリミテッドのHPに直近3年間の優待内容が写真付で掲載されています。
優待の写真はこちら


資金がある方は1,000株の優待の方も内容がより豪華になりますので、
検討してみて下さい。


あまりブランドに詳しくなく、ブランド品に興味のない私は、
ニューヨーカーというブランドも名前を知っている程度です。


使う予定がなかったのでひとにあげてしまったものもありますが、
実際使ってみた感想は「安物よりも丈夫で長持ち」です。

特に今年の今治タオルは何度か洗濯しても肌触りが柔らかいままで、
夏の間非常に重宝しました。


今治タオルは他社の優待で貰ったものがいくつかありますが、
どれも品質が良いですね。


年度によって商品内容が変わりますが確実に品質の良い商品が届きますので、
毎年何が届くかを楽しみにしています。


優待投資をしているといつの間にか生活に必要なものが揃っていきます。

自分では買わない商品や知らない商品が優待で手に入り、
使ってみると非常に気に入ることがあります。


金券やギフト券は実用的で便利ですが、
自社商品や食事券は新しい発見につながることがよくあります。

ニューヨーカーってよく知らない、自社商品なんて要らないという方も
一度試してみませんか?


自社商品や食事券などその銘柄独自の優待を個人的におすすめしたいです。

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村

2017年9月29日金曜日

≪6356≫日本ギア工業㈱の株主優待情報まとめ

日本ギア工業株式会社(証券コード:6356)

3月・9月のおすすめは日本ギア工業株式会社です。
できるだけ損しない為に私なりの基準で選んでいます。
当ブログのおすすめ銘柄選定基準はこちら

銘柄選びのご参考になれば嬉しいですが、
最終的には自己責任でご判断下さい。


≪いくら必要?≫
投資額:
 50,000円(9月29日時点株価にて計算)
優待額:
 2,000円(クオカード)
年間配当金:
 400円
優待+配当利回り:
 4.80%


≪どんな優待?≫
優待権利月:
 3月・9月(年2回)

優待内容:
①3月
 クオカード
    100株 1,000円(1,000円×1枚)
 

②9月
 クオカード
    100株 1,000円(1,000円×1枚)


日本ギア工業㈱の優待は100株以上のみです。
詳細はコチラ(yahoo!ファイナンス)


クオカードやギフト券等の優待は、
投資先以外のサービスに利用できるのが良いですね。


尚、日本ギア工業は今年7月に優待制度導入を発表したばかりであり、
9月の権利が初回の優待となります。


他の銘柄と比べて条件の良い内容なので、
内容の縮小や優待制度廃止の懸念もありますが、
末永くこの優待を続けてくれると嬉しいです。


わたしはこの優待内容が続く限りは永久に保有しますよ。


にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村

2017年9月28日木曜日

≪7502≫㈱プラザクリエイトの株主優待情報まとめ

株式会社プラザクリエイト(証券コード:7502)

3月・9月のおすすめは株式会社プラザクリエイトです。
すいませんPBRが1.0を超えていた為おすすめ銘柄対処外とします。

でも4万円弱で買える銘柄で、
優待内容・利回りともに充分魅力的な銘柄です。

今後もおすすめ銘柄とはできませんが、
個人的に大好きな銘柄については記事を書いていきたいです。


できるだけ損しない為に私なりの基準で選んでいます。
当ブログのおすすめ銘柄選定基準はこちら

銘柄選びのご参考になれば嬉しいですが、
最終的には自己責任でご判断下さい。


≪いくら必要?≫
投資額:
 36,900円(9月28日時点株価にて計算)
優待額:
 1,500円(買物券)
年間配当金:
 700円
優待+配当利回り:
 5.96%


≪どんな優待?≫
優待権利月:
 3月・9月(年2回)

優待内容:
①3月(6月着)
 自社買物券(有効期限・翌年6月末まで)
    100株 1,500円(500円×3枚)
 

②9月(12月着)
 自社買物券(有効期限・翌年の1月末まで)
    100株 500円(500円×1枚)

ちなみに9月権利分の優待は、年賀状のプリントのみに利用できる「年賀状印刷券」でしたが、昨年より通常の写真プリントや店舗の商品購入に使える買物券に変わりました。

年賀状印刷限定がなくなったことでが非常に使い勝手の良い優待となりました。



尚、プラザクリエイトの優待券は写真プリントと同じ素材です。
初めて見たときは「さすが写真屋!」と思いました。


こういうさりげなく自社の特徴を盛り込んだ優待は楽しいですね。






























2枚目の写真は優待券の裏面です。
わかりづらいですがプリント写真の裏面と同じ柄があり、
この優待券がプリント写真だということがわかります。


一番利回りの良くなる100株を購入した場合の優待のみ書いています。
他にも300株以上、3,000株以上で優待内容が変わります。
詳細はコチラ(yahoo!ファイナンス)




プラザクリエイトの優待券はパレットプラザと55ステーション店舗で
支払時に使用できます。

全国に店舗があるので利用しやすい優待ですね。

写真のプリント代金はもちろん、
アルバムや写真立てといった店舗にある各商品に使用できます。


写真プリントのインターネット注文も、
店舗での受取を選択した場合は支払に使用できます。



我が家ではケータイで撮り貯めた子どもや旅行の写真を
年に1度印刷するのが恒例になっています。


僕も妻もあまり写真を残すことに執着がないので、
多分ここの株主でなければほとんど写真プリントをしていなかったと思います。


優待株投資をしていたおかげで、
我が家には優待券で買ったアルバムに写真をいっぱい入れており、
時おり家族でそれを見て思い出を語る時間が持てています。


写真好きな方だけでなく、写真を残すきっかけがない方にも
ぜひおすすめしたい銘柄です。

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村

2017年9月26日火曜日

≪5343≫ニッコー㈱の株主優待情報まとめ

ニッコー株式会社(証券コード:5343)

ニッコー株式会社は無配およびPBRが基準値を超える為おすすめ銘柄とはしませんが、
優待利回りは魅力的な銘柄です。

当ブログのおすすめ銘柄選定基準はこちらです。


銘柄選びのご参考になれば嬉しいですが、
最終的には自己責任でご判断下さい。


≪いくら必要?≫
投資額:
 149,000円(9月26日時点株価にて計算)
優待額:
 10,000円(買物券または株主用カタログから商品選択)
年間配当金:
 なし
優待+配当利回り:
 6.71%


≪どんな優待?≫
優待権利月:
 3月・9月(年2回)

優待内容:
①3月(6月案内、9月到着)
 自社買物券または自社商品
  1,000株  5,000円(買物券期限翌年3月末まで)


②9月(12月案内、3月到着)
 自社買物券または自社商品
  1,000株  5,000円(買物券期限9月末まで)



一番利回りの良くなる1,000株を購入した場合の優待のみ書いています。
他にも5,000株以上で優待内容が変わります。
詳細はコチラ(yahoo!ファイナンス)




ニッコーの優待券は5,000円の商品または買物券です。
買物券はオンラインショップでの買物に利用できます。

ただし5,000円単位でのみの利用となり、
会計が5,000未満の場合のおつりは出ません。

又、通常は10,800円未満の会計には送料が掛かりますが、
株主優待券を利用した会計は金額に関係なく送料が無料になります
(こういうサービスは嬉しいですね)



1,000円台の商品も多くあるため、
ニッコーオンラインショップを覗いてみて、
気に入った食器があれば購入を検討してみて下さい。


白を基調にしたものが多く、
丈夫で長く使えるので我が家では重宝しています。

ちょっとした贈答用にもいいですね。


尚、親会社の三谷産業㈱は優待の金額は見劣りしますが、
当ブログのおすすめ銘柄にしています。

三谷産業㈱の記事はこちら


食器好きの方、食器の買い替えを検討している方はご検討下さい。

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村

≪8285≫三谷産業㈱の株主優待情報まとめ

三谷産業株式会社(証券コード:8285)

3月のおすすめは三谷産業株式会社です。
できるだけ損しない為に私なりの基準で選んでいます。
詳細はこちら

銘柄選びのご参考になれば嬉しいですが、
最終的には自己責任でご判断下さい。


≪いくら必要?≫
投資額:
 41,000円(9月26日時点株価にて計算)
優待額:
 1,500円(オリジナル陶器)
年間配当金:
 700円
優待+配当利回り:
 5.37%


≪どんな優待?≫
優待権利月:
 3月

優待内容:
3月(案内:7月着、商品:9月着)
 自社選定陶器


 過去の優待は下記のとおりです。

 2016年3月:マグカップ(石川県金沢の名所の絵付け)
 2017年3月:小鉢(金沢名物金箔のデザイン)
















一番利回りの良くなる100株を購入した場合の優待のみ書いています。
他にも1,000株以上、3,000株以上他で優待内容が変わります。
詳細はコチラ(yahoo!ファイナンス)



優待品は子会社のニッコー㈱の陶磁器です。

金券や食事券の優待も使い勝手が良いですが、
こういう地元の商品やこだわりを感じるものを優待品にする会社は好きです。


毎年違うものが届くので、
何が届くかを楽しみにしながら長く保有するのも良いですね。



尚、1,000株以上の優待は商品を選ぶことができます。


ただし、単純に食器の優待が欲しいのであれば、
子会社のニッコー㈱を保有した方が投資額が少なく、
選べる商品の金額も高額となります。
(ニッコー㈱の優待内容はこちら)


食器が好きな方、食器の買い替えを検討している方、
そして金沢が好きな方におすすめの銘柄です。

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村

2017年9月25日月曜日

≪9831≫㈱ヤマダ電機の株主優待情報まとめ

株式会社ヤマダ電機(証券コード:9831)

9月・3月のおすすめは株式会社ヤマダ電機です。
できるだけ損しない為に私なりの基準で選んでいます。
詳細はこちら

銘柄選びのご参考になれば嬉しいですが、
最終的には自己責任でご判断下さい。


≪いくら必要?≫
投資額:
 59,600円(9月25日時点株価にて計算)
優待額:
 3,000円~5,500円(買物券のみ。長期保有で金額増)
年間配当金:
 1,800円
優待+配当利回り:
 8.05%~12.25


≪どんな優待?≫
優待権利月:
 3月・9月(年2回)

優待内容:
①3月(6月着)
 自社買物券(有効期限・12月31日)
    100株 1,000円(500円×2枚)

 3月は上記に加えて下記長期保有優待がもらえます

   100株
   (1年以上)1,500円(500円×3枚)
   (2年以上)2,000円(500円×4枚)
 

②9月(12月着)
 自社買物券(有効期限・翌年の6月30日)
    100株 2,000円(500円×4枚)

 9月は上記に加えて下記長期保有優待がもらえます

   100株
   (1年以上)  500円(500円×1枚)
















一番利回りの良くなる100株を購入した場合の優待のみ書いています。
他にも500株以上、1,000株以上他で優待内容が変わります。
詳細はコチラ(yahoo!ファイナンス)




ヤマダ電機の優待券は税込1,000円の買物に付き500円券を1枚使用できます。
例えば5,000円の商品を買う場合は500円券を5枚使用でき、差額の2,500円で商品を買うことができます。

1,000円ごとに最大半額になるイメージですね。



テレビや冷蔵庫など大きな買い物に使うのも良いですが、
我が家では電球や電池から洗剤やトイレットペーパーなどの日用品、
かぜ薬や栄養ドリンクなどの医薬品まで幅広く利用しています。


1000円ごとに1枚という制限があり使い辛く感じますが、
我が家ではなんだかんだで毎回使い切っています。
ある意味一番汎用性の高い優待かも知れません。。。

家電量販店の大手でありほとんどの地域に店舗があるのも良いですね。



ちなみに両親もヤマダ電機の株主なのですが、
優待券を使用できる金額に調整したという言い訳で、
孫(うちの子)におもちゃを買い与えています。


尚、優待券は店舗のみで利用でき、
通販サイト「ヤマダウェブコム」では使用できません。

又、修理代金や金券の購入など一部対象外の商品・サービスがありますのでご注意ください。

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村

≪8005≫㈱スクロールの株主優待情報まとめ

株式会社スクロール(証券コード:8005)

9月・3月のおすすめは株式会社スクロールです。
できるだけ損しない為に私なりの基準で選んでいます。
詳細はこちら

銘柄選びのご参考になれば嬉しいですが、
最終的には自己責任でご判断下さい。


≪いくら必要?≫
投資額:
 38,700円(9月25日時点株価にて計算)
優待額:
 1,000円~2,500円(買物券のみ。長期保有で金額増)
年間配当金:
 1,000円
優待+配当利回り:
 5.17%~9.04%


≪どんな優待?≫
優待権利月:
 3月・9月(年2回)

優待内容:
①3月(5月着)
 自社買物券(有効期限・翌年の3月31日)
    100株   500円

 静岡県産新茶(3月のみ

②9月(11月着)
 自社買物券(有効期限・翌年の9月30日)
    100株   500円

 9月のみ上記に加えて下記長期保有優待がもらえます

   100株
   (1年以上)  500円
   (2年以上)1,000円
   (3年以上)1,500円


一番利回りの良くなる100株を購入した場合の優待のみ書いています。
他にも1,000株以上、10,000株以上で優待内容が変わります。
詳細はコチラ(yahoo!ファイナンス)


有効期限が1年間あるので3月と9月の優待を合算して使えるのが嬉しいですね。


ちなみに株主用に送られてくる買い物カタログには送料込みで500円・1,000円の商品もあります。
(選択肢は少ないですが・・・)


もちろん不足分は現金で支払うこともできます。

私は「豆腐の盛田屋」(こんな名前ですが化粧品です)や「三ツ星北海道」の商品と交換しています。















写真は「豆腐の盛田屋」のよーぐるとパックです。
税込1,500円(送料込)でした。

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村

≪はじめに≫私の株主優待銘柄選定基準など

アベノミクスという言葉が出てからずいぶん経ちましたが、日本の株価はその間にずいぶん上昇しました。

「今はバブルか?」と聞かれても私には答えられるような知識も経験もありませんが、リーマンショック以前から株主優待銘柄だけを買い続けてきた人間としては、「ほんの少し前まではこんなに高くはなかった」とだけ言えます。


私は株主優待銘柄への投資が好きです。

だからできるだけ楽しく長く続けたいと思っています。


今の市場の環境で私が新たに優待株を買うとしたらできるだけ下落リスクの低い(とわたしが思う)銘柄を選びます。


他のサイトやブログのおすすめ銘柄のように知名度や魅力は薄いかもしれませんが、こんな銘柄もあるんだと何かの役に立てれば嬉しいです。



前置きがたらたらと長くなりましたが、選定基準は以下の3つです。



1.赤字じゃない
2.配当金がある
3.PBR1.0以下



赤字じゃないということは会社として儲けを出せているということです。
本業と関係ない利益による黒字や今後の事業への投資による赤字なんてものもよくありますが、そのへんを考え出すと難しいので赤字が黒字かで判断します。

株式会社は利益の一部を株主に渡します。これが配当金です。
中には配当金を出すよりもそのお金を会社を大きくするために使うというイケイケの会社もありますが、個人的にそういうのは求めていません。
もらった配当金で新しい優待株を買いたいですし、何より配当金が届くことは投資をしているという実感が持てます。

最後にPBRですが、誤解を恐れずにざっくりと言うと一定のルールで計算したら、
もし会社を売ってそのお金を株主に配った場合に今の株価よりも高い金額になるという状態です。要は今の株価が安いということです。
ちなみにリーマンショックの後の数年は大半の大企業の株価はPBR1.0以下でした。



まとめると
ちゃんと稼いでいて、優待だけじゃなくお金をくれる。
そして株価もそこそこ安いと思う。
ということです。



尚、あくまでおすすめの銘柄を紹介する為に上記基準を設定していますが、私自身は新しく優待を発表した企業や内容が素敵な優待があるとあまり考えずに買っています。


好運にもこんなスタンスでも10年以上資産を失うことなく、やや増やすことができています。(ラッキーだっただけだと思います)


損得よりもただ優待株投資が好きな人間の一人として、同じことに興味を持ってくれる方に手軽に買いやすい銘柄を紹介できればという思いで書いていきます。


最後にお決まりの文句となりますが、
「投資は自己責任でお願いします。」

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村